家庭の安全のために!停電時の必須備えリスト

停電に向けた必須の備えと対策 Tech

停電対策はしていますか?停電が起きると、普段の生活で当たり前のこともできなくなってしまいます。

非常事態になってから焦るのではなく、家庭内の安全のために事前に対策をしておきましょう。

停電に向けた必須の備えと対策 本記事では、  を紹介しますので、停電のことを意識していなかった方も参考にして非常時に備えてみて下さい。

 

目次

1.停電に備えての行動マニュアル

1.1停電の範囲を確認する

自宅のみ停電している場合

周辺一帯が停電している場合

1.2停電の情報を集める

2.停電に備える必携のアイテムリスト

3.ポータブル電源で停電に備えよう!

4.まとめ

1.停電に備えての行動マニュアル

 

停電になると誰しもが焦ってしまうものです。事前に停電時の行動を整理しておきましょう。

1.1停電の範囲を確認する

停電が起きたら、自宅のみ停電しているのか、周囲一帯が停電しているのか確認しましょう。

自宅のみ停電している場合

ブレーカーが落ちている可能性があるため、分電盤を確認します。

  • サービスブレーカー(アンペアブレーカー)

契約容量を超えて宅内で電気をしようしている場合に落ち、サービスブレーカーが落ちると宅内全体が停電します。

  • 漏電ブレーカー

漏電を検出した際にブレーカーが落ち、宅内全体が停電します。

  • 安全ブレーカー

特定の回路での使用電力が多い場合にブレーカーが落ち、特定箇所のみ停電します。

安全ブレーカーが落ちている場合は、停電している部屋で使用する電化製品をコンセントから抜き、使用する点数を減らした上で、安全ブレーカーを上げます。

漏電ブレーカーもしくはサービスブレーカーが落ちている場合は次の手順で確認をします。

  • ブレーカーをすべて落とす。
  • サービスブレーカーを上げる。
  • 漏電ブレーカーを上げる。
  • 安全ブレーカーを一つずつ上げる。

特定の安全ブレーカーを上げた際に漏電ブレーカーが落ちた場合は、該当の箇所で漏電の可能性があるため、電力会社や電気工事会社に相談をしましょう。

また、ブレーカーが落ちておらず、停電の原因が思い当たらない場合も電力会社や電気工事会社に相談をしましょう。

 

周辺一帯が停電している場合

 

周辺一帯が停電している場合、配送電網に問題があることが考えられます。

停電の解消とともに、電化製品に電源が入ってしまう場合があります。通電時の火災の危険があるため、コンセントから各電化製品の電源プラグを抜いておくようにしましょう。

また、避難を伴う際は、同様の火災の危険性があるため、ブレーカーをすべて落とすようにしましょう。

1.2停電の情報を集める

停電の原因が自宅のみでない場合、電力会社のホームページ上で停電情報が公開されている場合があります。

また、電力会社の電話窓口で確認するのも良いですが、大規模災害などが原因と分かる場合は窓口の混乱を避けるために電話問い合わせは控えましょう。

停電の情報を確認した後は、電気の復旧を待ちましょう。

2.停電に備える必携のアイテムリスト

電気の復旧を待つ際、何も準備が無いと不便な生活を強いられることに加えて、時期によっては健康被害もあります。

停電に役立つアイテムを以下にリストにしました。

  • 飲食料品

飲料水(1人あたり3リットル/日)、食料(加熱、調理不要な食料)の用意。

長期停電の復旧目安と言われる3日分を用意するのが望ましい

  • 照明

夜間の照明は家庭内でも、避難の際にも必須となる。

電池式の懐中電灯や充電式のライトがあると良い。

  • 情報収集用の機器

情報収集の手段として、スマートフォンはもちろん、通信回線が途絶えている場合も想定しラジオも用意しておくと良い。

  • カセットコンロ・ガスボンベ

加熱調理用にカセットコンロとガスボンベを用意しておくと良い。

特に冬場に暖がとれない場合に、温かい食事ができる。

  • 電池・バッテリー

ラジオや懐中電灯で使用するための電池を用意しておくのがおすすめ。

また、カセットコンロでも使用するため非常時に利用することが想定される電池を揃えておく。

充電をしたモバイルバッテリーが有れば、スマートフォンなどの充電もできる。

  • 衛生管理用品

断水の可能性もあるため、携帯トイレ、除菌シート、除菌スプレーなどの衛生管理用品に加えて、常備薬も用意しておくと良い。

  • 夏場の暑さ対策グッズ

凍らせた保冷剤やペットボトル、団扇やポータブルファンといった送風グッズがあると良い。

夏場の停電時には熱中症に注意が必要。

  • 冬場の寒さ対策グッズ

使い捨てカイロ、石油ストーブなどの暖を取るアイテムを備えておくと安心。

ただし、石油ストーブは火災などの二次被害が発生する危険もあるため使用の際は注意が必要。

 

上記に加えて、ポータブル電源やソーラー発電機があると使用できる機器の幅も広がりより安心できます。

 

3.ポータブル電源で停電に備えよう!

 

災害や停電の備えにポータブル電源 はうってつけです。

電源の問題を解決してくれるため、普段使い慣れた電化製品を停電時にも使えるのが利点です。

 

停電対策としてポータブル電源を選定する際のポイントは「安心して使える」「寿命が長い」「ソーラーパネル対応」「操作が簡単」の4点です。

 

そこで、ポータブル電源とソーラーパネルになった、オススメ商品として「Jackery Solar Generator シリーズ」をご紹介します。

 

Jackeryが展開するポータブル電源全般が「防災製品等推奨品認証」を取得しており信頼感も高く、創業時からコンパクトで誰でも安心安全に使えることをキーワードに製品開発を行っています。

 

「Jackery Solar Generator シリーズ」の中でも「Jackery Solar Generator 2000 Plus」「Jackery Solar Generator 1000 Plus」の2機種は家庭用の電化製品の殆どと接続可能なため、特にオススメです。

 

Jackery Solar Generator:https://www.jackery.jp/pages/solar-generator

 

ソーラーパネルでの発電、充電にも対応しているため停電が長引いても安心です。

 

また、ポータブル電源については耐久性と安全性の高いリン酸鉄リチウムイオン電池を採用しており、毎日使用しても10年以上使用できます。

 

4.まとめ

 

停電が起きてしまうと、日常が一変するため、いつも通りの行動ができなくなってしまいます。

停電時の備えとして、行動と必要なものをリスト化し整理しておくと良いでしょう。

非常時のイレギュラーが心配な方は、いつもどおりの機器を用いて停電を乗り越える手段としてポータブル電源を検討してみるのも手です。

Rate article