災害時にスマホの充電をする方法は?役立つJackeryポータブル電源も紹介

Tech

災害が発生すると、停電になって電気が使えなくなり、スマホの充電もできなくなるのではと心配な方もいるでしょう。

この記事では、災害時にスマホの充電をする方法と、災害時のスマホ充電にポータブル電源をおすすめする理由を併せて解説します。

災害時にスマホの充電をする方法

モバイルバッテリーを使用する

災害時にスマホの充電をする方法として、最も手軽なのはモバイルバッテリーの使用です。

小型なため持ち運びに便利で、急速充電機能が付いているものもあります。

発電機を使用する

災害時にスマホの充電をする方法の1つとして、発電機を使用する方法もあります。

一般家庭用の発電機としては、おもにガソリン式やカセットボンベ式の発電機があります。

ポータブル電源を使用する

災害時にスマホの充電をする方法で、最もおすすめなのはポータブル電源の使用です。

近年急速に普及しており、災害対策用として推奨している団体も増えています。

災害時のスマホ充電にポータブル電源をおすすめする理由

容量が大きい

ポータブル電源のおすすめポイントの1つは、容量が大きいことです。

容量が大きいためにスマホを何度も充電できるので、災害時の情報収集や連絡手段には困らないでしょう。

持ち運びができる

ポータブル電源のおすすめポイントの1つは、持ち運びができることです。

災害の被害状況によっては自宅からの避難が必要になることもありますが、ポータブル電源があれば避難所でも自由にスマホの充電ができます。

用途が幅広い

ポータブル電源のおすすめポイントの1つは、用途が幅広いことです。

災害時にはスマホの充電以外にも、冷暖房器具の使用や小型の冷蔵庫なども使用できます。

災害時のスマホ充電におすすめのJackeryポータブル電源

災害時のスマホ充電にポータブル電源がよいと言われても、種類が多過ぎてどれがよいのか分からない方もいるでしょう。

ここでは、防災におすすめポータブル電源を3つ紹介します。

Jackeryポータブル電源2000Plus

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」は、2042Whという大容量と、3000Wという高い定格出力を持つポータブル電源です。

最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しており、4000回ものサイクル回数が可能なので、毎日フル充電しても10年以上使えます。

出力ポートの種類と数が豊富で、ACポートが5口、USBポートが4口、シガーソケット1口が備わっています。

https://www.jackery.jp/products/explorer-2000-plus-portable-power-station

 

Jackeryポータブル電源1000Plus

「Jackeryポータブル電源 1000 PLus」は、容量1264Wh・定格出力2000Wというスペックで、Jackery製品の中でもミドルクラスのポータブル電源です。

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」と同じようにリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しており、サイクル回数も同じく4000回なので、フル充電しても10年以上使える点は変わらず、コストパフォーマンスの高いモデルです。

出力ポートの種類と数は、ACポートが3口、USBポートが4口、シガーソケット1口です。

https://www.jackery.jp/products/explorer-1000-plus-portable-power-station

 

Jackeryポータブル電源300Plus

「Jackeryポータブル電源300 PLus」も、小型のモデルながらリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したポータブル電源です。

サイクル回数が3000回と超長寿命なうえに、重量わずか3.75kgという軽さで、リュックに入れて運ぶこともできるので、災害時に避難するときには重宝します。

容量288Wh・定格出力300Wというスペックを持ち、出力ポートの種類と数は、ACポートが1口、USBポートが3口、シガーソケット1口が備わっています。

https://www.jackery.jp/products/explorer-300plus

 

まとめ

災害時のスマホ充電用としてポータブル電源を所有しておくと、家族や知人の安否確認や災害の情報収集に大変役立ちます。

ポータブル電源の購入をお考えの方は、コストパフォーマンスが高いJackeryのポータブル電源をぜひご検討下さい。

Rate article