自分に合う仕事&環境とは?見つけ方が分からない人必見【診断】

メンタルケア

人生を歩んでいれば、こんなお悩みを一度は経験した事があるのではないでしょうか?
『自分のやりたい仕事が分からない』『自分の性格に合う稼ぎ方が分からない』『自分はどんな環境なら合うんだろう』『そもそも仕事したくない』

そんなお悩みにお答えすべく、今回は“自分に合う仕事、合わない仕事”の見つけ方を解説したいと思います。


スポンサーリンク

自分に合わない環境だとどうなる?

自分に合う仕事&環境とは?見つけ方が分からない人必見【診断】-2

自分に合う仕事を一発で見つけられる人は殆どゼロに等しく、仕事の経験をある程度重ねてから気付き、転職する人が大勢います。
まず、初めから“100%を狙う事は難しい”と言う事をご理解ください。

『ここの仕事向いてない』『本当にやりたい事じゃない』『只々、ツライ』

この様に思いながらも、長い間仕事を続けているといつか『慣れ』がやって来ます。
この慣れは、良くも悪くも人を変えます。

①何かを成し遂げられる精神の強化と、新しいやりがいを感じるようになる
②感覚が麻痺し、ただ稼ぐだけの仕事として徹するようになる

人間誰しもストレスは嫌いですし、辛い事から逃げたくなるのは本能です。
しかし、『3年は仕事を続けろ』と言うセリフがある通り、ある程度の期間の壁を乗り越えると新しい自分を発見する事も出来ます。
※3年と言う“慣れるまでの期間”は人により異なります。

どうしても仕事が出来ない場合は?

慣れる事が出来ずに、自分の思いが勝る人も勿論います。

『普通の仕事が合わない』『人の下で働きたくない』『働くって何?』

と、そもそもの仕事に対しての意見が人とは異なる場合、“新しい何かを自分で成し遂げられる人”の可能性があります。
この考えを持つ事はとても大切なので、『自分を普通じゃない』などと絶望的には感じないでください。

この考え方や疑問を持つ人が居て、新しいビジネスは成り立っています。
この気持ちに至ったのであれば、とことん疑問を追求して『自分を発見する』のも貴方らしさを手に入れる鍵となります。

自分に合わない仕事の見極め方

精神的に弱い人の15の特徴!メンヘラを治す方法&原因とは-8

自分に合っていない仕事かどうかの診断を行ないます。
多く当てはまる場合は、メリットよりデメリットの方が大きい可能性があります。
参考にしてみてください。

合わない仕事の特徴①【会社の方針や、価値観が自分と合わない】

働いてみてから分かる事の方が多いので、どうしても後から『会社の考え方最悪…』と、自分と合わない事が判明する場合があります。
会社の考え方は働く為のベースなので、そこが大きく異なるとやる気の喪失にも繋がります。

合わない仕事の特徴②【業務に対する適正を感じない】

務めたい会社であったとしても、業務自体が自分に合わない場合があります。
『人とのコミュニケーションが苦手なのに、営業職』『身体を動かして働きたいのに、事務職』など、自分の適正に合っていない業務内容で働くと普通より多くストレスを感じる様になります。

合わない仕事の特徴③【成果が出ない】

適正じゃない仕事をしていると、仕事の成果にも影響が出ます。
『どんなにアドバイスを貰っても中々上手く行かない…』『一年以上経つのに進歩しない…』この様な場合は、適正ではない可能性があります。

時間を掛けたら乗り越えられる場合もありますが、もっと自分にピッタリな仕事がある事も忘れてはいけません。

合わない仕事の特徴④【今の仕事で働くメリットを感じられない】

働く上でのデメリットは人によって異なりますが、多く挙げられるのは下記の5つ

・スキル(技術)を磨けない
・収入が少ない
・自宅から遠い
・働く時間が長過ぎる
・やりたい仕事ではない

時間は無限ではなく、有限です。デメリットが多く感じるのであれば、転職を考える事が必要です。

『この地上で過ごせる時間には限りがあります。本当に大事なことを本当に一生懸命できる機会は、二つか三つくらいしかないのです』-スティーブ・ジョブズ-

合わない仕事の特徴⑤【他にやりたい事がある】

他にやりたい仕事や趣味があるにも関わらず、やりたくない仕事を続ける人も多くいます。
それは何故でしょうか?

『働かないと食べていけないから』『やりたい事が叶う気がしないから』『家庭があるから』

それぞれの理由があると思います。
ですが、やりたい事が出来ない時間程、勿体ない事はありません。

【参考記事】時間とお金を手に入れるには?効率よく稼ぐ7つの方法!(工事中)


スポンサーリンク

自分に合う仕事の見極め方

精神的に弱い人の15の特徴!メンヘラを治す方法&原因とは-10

それでは、自分に合う仕事を探す為の見極め方をお教えします。
それぞれのポイントを抑えて仕事を探せば、デメリットの可能性が下がります。

合う仕事の探し方①【働く条件の順位付けをする】

何を自分にとって優先すべき事なのかをノートに書き出し、全ての条件に順位付けをします。
始めに条件を全て書いて、後から順位を付けてみましょう。

条件を多く満たす仕事であればある程、働く為のメリットが上がります。
1位、2位、3位は仕事を選ぶ際の絶対条件としましょう。

合う仕事の探し方②【業種や、職種に先入観を持たない】

先入観は、自分の実力の可能性を自ら潰してしまう事となります。
どんな業種、職種に自分の才能が眠っているか分かりません。
本気で自分に合う仕事を見つけるのであれば、先入観は持たないようにしましょう。

合う仕事の探し方③【会社の規模や、知名度で決めない】

会社の規模や知名度は、自分に合う仕事を見つけるのに殆ど関係ありません。
どんな会社でも初めは小規模です。半分以上ある可能性をわざわざ捨てる必要などありません。
一年後には小さな会社や大きな会社でも、どうなるかなんて正確に分かる人はいないのです。

合う仕事の探し方④【他人からの目を気にしない】

よく陥りガチになるのが他人からの評価です。
人間は群れで過ごす生き物なので、他人の目を気にしてしまうのは仕方がありません。
しかし、それで自分の人生の土台である仕事を棒に振るってしまうのは本末転倒です。

自分が本当にやりたい事は、自分たった一人と向き合って考えましょう。

仕事を続ける為に必要な3つの事

メンタルを強くする10の方法!精神が強い人の特徴とは?-9

最後に、仕事を続ける為に必要な自己分析を行います。
これは仕事を変える前に必ず行ないましょう。

仕事を変える前にする事①【前の仕事を辞めた理由(嫌だった事)を書く】

この事を知らずに新しい道へは進めません。
辞めたくなった理由をノートに全て書き出しましょう。

『今の仕事が嫌い』
『人間関係がツライ』
『働く意味が分からなくなった』
何でもいいです。自分の本音を包み隠さず全て書きましょう。

その答えによっては、仕事を探すタイミングを考え直す必要があります。
精神に関わる理由で仕事を辞めた場合は、直ぐに何かを始めても続かない可能性があります。

【参考記事】『何をやっても続かない…』続けるようにする10の方法と原因(工事中)

仕事を変える前にする事②【どんな職種があるのか知る】

人間の出来る仕事には、膨大な数が存在します。殆どの人が知る職種や、求人広告に掲載される職業はほんの一部でしかありません。

稼ぎ方には様々な方法がある事を是非知ってください、一部の仕事のだけを見て頭を抱えているのは勿体ないです。
今はネットと言う持ち歩ける図書館も存在するので、深く追求する事はいくらでも出来ます。

探し方のポイント

・貴方の好きな事や、やりたい事を元にどんな稼ぎ方があるのかネットで検索。
・どんな人生を送りたいのか、理想の生活を実現できる稼ぎ方をネットで検索。
・職業の特集本を見たり、ネットで検索。(意外と知らない職業が隠れています)
・SNSや、雑誌、テレビからも新しい職業や稼ぎ方の情報を知れます。

仕事を変える前にする事③【自分を許せる心を持つ】

新しい事を始める人に特に知っておいてほしい事が、“失敗は必ず起きる”と言う事。
どんなに考え抜いて決めた仕事でも、それが正解だとは限りません。
数年は続けないと答えは出ないかもしれません。しかし、数年経っても答えが出ない可能性もあります。

経験して、まずは沢山の事を知ってください。それが答えを見つける為の力になってくれます。

自分に合う環境を見つける事は、幸せへの近道

自分に合う仕事&環境とは?見つけ方が分からない人必見【診断】-5

いかがだったでしょうか、少しでも貴方の参考になるものはありましたか?

ここまで読んで頂いたと言う事は、どうにかしたいお気持ちがきっとお強いのでしょう。
新しく何かを始めたり、続けたりする事は本来人間にとってとても難しい事です。
慣れた環境を飛び出す事は『危険な状態にする事』ですし、ツライ事を続けるのは『逃げたい本能を押し殺す』ことです。

しかし、行動すれば今の状態からより多くの世界が知れます。
もっと楽しい事、もっと幸せな事、もっと安らげる事、貴方の知らない世界が隠れている事を忘れてはいけません。

少しでも温かい未来になる事を、心より願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました